スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
溶連菌感染症は怖い
咽頭の中部の病気の代表は扁桃炎です。

のみこむ時の痛みが主な症状です。


いろいろなタイプの扁桃炎がありますが、

特に注意しなければならないのは

溶連菌感染症 による扁桃炎です。


この菌は強い病原菌で、
放置すると腎炎などの合併症がおこることがあり、
クシャミや咳で周囲の人に感染してしまいます。


うちの息子が1回罹りました。


5分程で分かる検査法が普及していますので
簡単に診断が出来ます。


溶連菌感染の場合3日間は自宅安静です。

そのあとは10日ぐらいはしっかり抗生剤を服薬し、
後日に尿検査が必要です。


扁桃炎はひどくなると扁桃の周囲に炎症が拡がり、
扁桃周囲炎さらに扁桃周囲膿瘍という状態になります。

ここまでくると、物をのみこむことが出来ない位に
痛みが強くなります。


また、痛みは耳に放散するので耳痛のようになることもあります。
穿刺または切開による排膿を行い、
抗生剤の点滴などが必要となります。


入院となることもあります。


スポンサーサイト
18:00:00 | 扁桃腺 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<油断しちゃいけない | ホーム | のどが痛くなったら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hentousen.blog17.fc2.com/tb.php/11-354edaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。