スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
扁桃腺炎にかかったら
扁桃腺炎は、
風邪などの際によく見られる身近な症状です。


なので、急性扁桃腺炎にかかっても、
ついつい油断して、治療が遅れてしまう場合がよくあります。


急性扁桃腺炎の初期段階で病院に行って治療を受ければ、
症状がある程度軽いうちに完全に治療することができます。


でも急性扁桃腺炎にかかったままほっといて治療が遅れると、
慢性扁桃腺炎にかかることも十分ありえます。


慢性扁桃腺炎にかかると
症状が長期化しますし、治療方法も
手術して扁桃腺を切除するなど
たいへんなものになってしまいます。


奥さんも以前からお医者さんに

「切った方がいいよ~。。」

といわれてます。(怖)


とはいえ、

  ・繰り返し扁桃腺がはれて熱がでる

  ・扁桃腺にいつも細菌が巣くっていて、
   発熱の度に血尿などがみられ、腎炎などが心配される

  ・扁桃肥大のため呼吸が苦しくなる

  ・無呼吸などが見られる


ときなど、扁桃腺肥大によっておこる被害が
手術をすることにより起こる合併症などより
強くなると考えられるときに手術を考えるべきで


そうそう簡単に手術をするもんじゃないようです。


手術を考えるなら、
よく医師と相談してから決断しましょう。


そうなる前に、扁桃腺が腫れたなと思ったら、
すぐに医師の診断を受けましょう。



スポンサーサイト
17:21:14 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<扁桃腺が痛んだら | ホーム | 慢性扁桃腺炎の予防>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hentousen.blog17.fc2.com/tb.php/8-63f43a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。